コタキナバル旅行記3 素晴らしい提案だ!

2日目。起きてすぐにすべきことは、レセプションでコンセントのアダプターを借りること。 本当に久々にアダプターを忘れてしまった。まぁ、なんとかなるだろうと思い、レセプションに尋ねると、一つ貸してくれた。 最悪、USBから充電しなければならなくなるので、どうしょうかと思ったが。 そして、朝ごはん。ホテル1階のレストランでビュッフェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コタキナバル旅行記2  コタキナバルに着けるのか!?

マレーシアのクアラルンプール国際空港(KLIA)に着くと、国内線に乗り換え。トラムでターミナルを移動し入国。航空会社のカウンターで国内線の搭乗ゲートを教えてもらう。 カウンターで問い合わせていた女性から、中国人かと聞かれ違うというが、いきなりマンダリンで話しかけられる。「違いって言ってるんだから」と、手を顔の前で振って目的のゲートへ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コタキナバル旅行記1  初めてのビジネスクラス

熱帯雨林の中の吊り橋を歩く「キャノピーウォーク」がしたい。 どこでできる? 調べたらコタキナバルでできるとわかる。 「そうだ、コタキナバルに行こう」 夏休み、コタキナバルに行ってきた。 まずは、空港。 2年ぶりの海外。 飛行機はマレーシア航空。空港は成田空港第2ターミナル。 このボードを見ると、海…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金目って、普通に言うの?

石原伸晃環境相が、福島の中間処分場の建設について、「最後は金目でしょう」と発言したことが問題になっている。 これってどういう意味ですか? 金目のものの金目? 金目鯛?金目当て? 金目鯛以外の言葉の意味? 確かに言葉は変わっていくものだけど、大臣なんだから、スラングで話すのはやめてほしい。 少なくとも、最大多数の最大幸福を目指すのが、行政…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族が言われても笑える?

都議会のセクハラヤジ。自民党議員が名乗り出て謝罪。この方は、テレビ取材で否定発言をしていたけど。結婚してほしいとの思いから、セクハラヤジ発言との言い訳。直接言っても、ダメだから。 支持者の方、顔出しで「本音と建前の使い分けができない」と言っていたが、それ、ダメでしょう。その支持者(年配男性)は、本音でセクハラ容認ということでしょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京都議会 ヤジについて

東京都議会でのみんなの党の女性議員へのヤジについて。 ぜひ、ヤジった議員は名乗り出て、持論を展開してほしい。 女性差別発言をするということも、その議員の主張があるわけでしょう。 女性は議員などやってる暇があるなら早く結婚しろとか、子どもを産んで少子化を緩和しろとか。ただし、生みやすく、育てやすい施策は保証の限りではないとか。 そういう主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島を歩く3 富岡 3.11で時間が止まったまちへ

楢葉町の寶鏡寺の住職の「生まれ育った町を追われて・・・・・・諦めきれない。納得しない」の重い言葉を抱きながら、北上を続ける。 途中、交差点に面した駐車場で車の後部座席に新聞紙を敷いている人の姿を見る。多分、放射性物質を自宅にも力ないためだろう。でも、この新聞紙は燃えるゴミに出されるんだよね。いいのだろうか……それとも、低レベル放射性廃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島へ いわきから富岡、そして二本松、飯舘 2 寶鏡寺のご住職に聞く

ちょうどお昼時。原発か火力発電所か、はたまた除染か、そのどれかで働く人たちがお昼を買いに来ていた。 だいたい、住民は見かけない。いるのは、原発関係者かその周辺の仕事をしている人たち。 楢葉町へ入った。 避難指示解除準備区域だから、除染作業が見られる。 こちらも若い人たちがどれだけ戻るのか、戻っても仕事があるのか…… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島へ いわきから富岡、そして二本松、飯舘 1原発作業員の日給はひどい場合9割ピンハネ!

2013年12月25,26日と福島県の浜通りいわき市から北上して富岡の帰還困難地域まで行き、中通り二本松、福島、飯舘と回った。 震災後、いわきからアプローチして浜通りを北上するのは初めてのこと。案内してくれた方の的確な説明でいろいろなことがわかった。 安全神話に胡坐をかいたということは、こういうことなのだ。 そして、またぞろ原発安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タンザニア旅行13 最後はストーンタウンの路地で

野生のサルがビラに現れる。観光客大騒ぎ(笑い) そして、またまた酒を。 夕食まで時間があるが、プールで泳ぐ時間でもなし。みんな、バーでお酒を飲んだり、軽食をつまんだり、TVを見たり。 後、卓球台、ビリヤード台、サッカーゲーム台があるので、そこで楽しむこともできる。 もちろん、私たちも楽しんだ。そのそばには、託児所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タンザニア旅行12 シュノーケリングでお腹が冷えることを初体験

友人がビーチにいる観光案内の人と交渉して、シュノーケリングにいけることに。7人で150ドルに値切り、ボート、ガイド、道具、飲み物、果物付に。 ここがホテル前にビーチ。 ボートに乗っていざ出発。 シュノーケリングポイントについたので、ライフジャケットや水中メガネ、フィンをつけていざ海へ。 ここか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タンザニア旅行11 念願のシュノーケリング

昨年の夏の旅行報告なのに、年が明けちゃったよ。しょうがないなぁ…… さて、ダルエスサラームからザンジバル島へ。 国内線のプロペラ機で約30分。16人くらい乗れる飛行機で行く。 操縦席がよく見える。 さすがプロペラ機、外がよく見える。 ダルの市街地。 インド洋のサンゴ礁。このサンゴ礁を見たので、連続してザンジバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タンザニア旅行10 料理教室……だけど地中海料理

始業式(assembly)の後は、日本人の女性が主宰するお料理サロンに。 まずは、好きな料理を作って見せて、その次の週に習うらしい。 料理サロンに来る日本人女性の関心はどこで何が買えるかだそうだ。 特に調味料は重要。やはり、子供連れで来る家が多いし、夫も日本食を食べたいだろうから、できるだけ日本食や、日本で食べなれているもの(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タンザニア旅行9 インターナショナルスクールの始業式に出る

友人の息子が通う、インターナショナルスクールISTに小学校が始まって5日間。月曜日からスタートしても、生徒が親の都合でまだ来ていないこともあり、週末の金曜日に始業式が行われる。 こういうのってありなんだって驚く。 そして、始業式には保護者も参加できるので、友人夫婦とともに参加。 学校が始まって30年だったかな? それを自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タンザニア旅行8 ちょっと贅沢な食事

木曜日、朝からバオバブの会の総会に。バオバブの会って、在タンザニア日本人婦人会のことで、日本人やその配偶者が参加。昨年に続いての参加で、顔なじみの人たちと、ごあいさつ。それから、総会の後、夏祭りのための東京音頭とドラえもん音頭の練習。毎回練習に参加して、本番にいないと笑われる。「大丈夫! ザンジバルで披露するから」(笑い)。 総会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タンザニア旅行7 カンガーでチュニックを仕立てる

この日は朝は日本人の家で、イリンバ(親指ピアノ)の練習。その家には犬がいて、子犬は売られていくらしい。 子犬に近づくと親犬が吠えるので、遠くから。かわいいが、触っちゃいけない。 イリンバの練習の後、ISTにお迎えの前に、お昼。 IST小学校近くのムスリムが経営するローカルの食堂。ムスリムが経営するので、当然アルコールはない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タンザニア旅行6 図書館にはライオンはいません

ISTにはティンガティンガ、wonder workshop以外に、リランガの絵も飾られている。 リランガの絵は、それぞれ物語がある。友人が買ったのは、休日で子供たちに家事を手伝わせたいが、子供たちはダラダラしている、というもの。私は、喉が痛いとドクターに診てもらっているが、なんともないといわれている絵。他にも、女性を取り合っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タンザニア旅行5 障がい者の作業所wonder workshop

タンザニア3日目。 朝、スワヒリ語のレッスンに付き合う。 その中で、カードを見ながら、そこに描かれている絵をスワヒリ語でいうのがあるが、タンザニアの生活にそくしたものがある。それがゴキブリや点滴などがあって、ちょっと笑える。絵も、日本のものとはだいぶ違う。 その後、障がい者の働く場、日本でいえば授産施設や作業所という感じのwo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タンザニア旅行4 夕焼けとシーフード

夕方、シーフードレストラン「ケープ・タウン」へ。南ア資本なのかな? こちらはバーカウンター。私はここで呑んでもいいけど、この日はお祝いなので。 テーブル席に。 ここは湾の向こうアフリカ大陸に沈む夕日がよく見える。というか、まぶしいくらい。最初の席は、夕日がまぶしく、また、日が暮れると暗いので屋根があり、ライトのある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タンザニア旅行その3 八百屋にピリピリ

学校を出てから、お買いもの。 車の窓から見えるのは、道沿いのきれいな緑、と思ったら、苗屋さんだった。 買う人いるのかなぁと思うが、お店があるということはニーズはあるってこと。おまけに、ビニールポット(日本のようなものではなく、袋をしよう)から根が伸びて、下に生えていそうな感じもするし、バナナの苗もある。お金がある人で一戸建てに住…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more