テーマ:放射能

GMナタネの自生が増えている

個々の報告の後、パネル討論として、会場からの質問に応えつつ、考えなどを披露する報告者。 昨日、2013年GMナタネ自生調査報告会に参加。河田昌東先生が、原発と遺伝子組み換えの類似性の比較をしていました。その表も載せます。 GMナタネが自生するのは、水揚げする港や工場に長距離輸送する幹線道路などですが、それぞれ管…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これは放射能を心配して?

私の住むアパートで植木の選定があった。この時期の風物詩。 それはいいが、先手が終わったら、駐車場のそばにこんなものが! この写真でも分かるが、 したからとるとドラム缶であることが分かる。 これは、剪定した枝や葉をドラム缶に入れて保管しているってことなのか? 理由は放射能を心配して? でも、これどうするんだろう? 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そろそろ刈り入れ準備に 福島のヒマワリ 放射能減っているといいなぁ

しらたかノラの会の帰りに、福島県二本松と泉崎のヒマワリ畑を見に行った。 二本松のヒマワリ。水田に蒔いたので、生育が全体的にいまいち。しかも、ヒマワリのくせに、太陽のある方と反対の、福島第一原発を向いていた。何か、恨みが・・・ 放射線量は1.89μSV/h。あまり変わっていないらしい。 こちらは同じ二本松の畑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島で放射能除去のヒマワリ咲きました

8月14日は咲いていなかったのに、1週間でだいぶ咲きました。 これは、二本松の有機農家の畑に蒔いたヒマワリ。今年は3月以降、野菜の作付けから収穫まで、辛い気持ちでの作業だったとか。原発さえなければ、日本一の有機農業の県になれるのに、という農家の思いに胸が押しつぶされそうだった。 こちらは矢吹町の酒蔵の水田。耕さず、草…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰省2 放射能除去ヒマワリの成長を見に

弟や姉たちに「上手いチーズケーキを食いにいこう」とそそのかし、放射能除去のためにヒマワリを植えた福島県和泉崎村のカフェ・直売こころやに。ここは障害を持つ人たちの自立支援のためのお店。何度いっても、ここは和む。近所に欲しい店だ。 丁度お昼だったので、気まぐれ定食やドライカレーにのみものとチーズケーキのセットを食べる。 我が一族の感想は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰省1 田舎のりんごは放射性セシウムは検出されず、です

今年こそ、帰省の意味があるのかもしれないと、意気込んで旧盆に茨城県大子町の実家に。 3.11以降、しばらく不通だった水郡線も今は全面復旧。お盆なので珍しく4両編成。今まで、2両だったけど、最大5両まで増やしたらしい。 久々に、長い(?)水郡線を見る。沿線は、やはり屋根の瓦が落ちて、ブルーシートで覆ってある。瓦がなくて、4月に瓦屋に電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射能除去ヒマワリと石川町のウラン鉱

6月の下旬に福島県矢吹町と泉崎村で、放射能除去の試みとして、ヒマワリの種を蒔いた。 そして、約40日、福島県の石川町に取材に出かけたので、その帰りに泉崎村の直売・カフェこころやの隣の畑のヒマワリを見に行った。 育っている。嬉しい。ジンバブウェのヒマワリも育っているみたい。環境が違いすぎるからだめかなぁと思ったけど、大丈夫な模様。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書日記「原発のウソ」 内容よりも小出助教の本がベストセラーになることに嬉しいやら悲しいやら

びっくりしたよね。 いまや引っ張りだこの小出裕章京都大学原子力研究所助教。 東京電力福島第一原発の事故があってからの、小出助教の活躍だから、小出助教が注目されるのは嬉しいが、こんな形でっというのは悲しい。 ミツバチの羽音と地球の回転の鎌仲ひとみ監督。彼女の映画が注目されるのも、多くの人が見てくれるのも嬉しいが、原発事故の前にみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

株式会社は民主主義じゃないからねぇ 株式主義だから 否決されても平気

28日29日と電力各社で株主総会が開かれた。 株主から脱原発の議案が提出されて、軒並み否決されている。そのこと事態は予定していたこと。可決されたら、そっちの方が驚くよ。でも、脱原発の議案への賛成数が増えていることに注目して欲しい。 株式会社は株主が持ち株数によって議決数を持つので、大株主の意向に沿って動くわけだな。 銀行や原発立地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射能除去のためにヒマワリのタネを蒔く 後、被災地めぐる

福島県矢吹町の酒蔵大木大吉商店の水田で、ひまわりの種を蒔きました。ヒマワリは、ナタネと同じように、土地に降ったセシウムをカリウムと間違えて吸収するらしく、ヒマワリでセシウムを土地から除去しようという実験が行われたので参加。18日は二本松の有機農家の畑でヒマワリを蒔いた。放射線量では、二本松の方が矢吹町よりもかなり高い。 これは…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

農園日記 放射能を気にしつつ作業する

本当にどうなるんだろうねぇ、福島第1原発。短くても1ヶ月かかると、東京電力の会長が記者会見をした。 今、葉物野菜の種を蒔いていいのだろうかと、思いつつも、畑作業をする。暑いのにマスクしての作業。でも、子どもたちは気にせずに、防止もマスクもなく、遊びまわっている。 気にしていられないのか、東京は大丈夫だと思っているのか・・・ オース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

農園日記 第1回講習会から挫折 寒いからね

今年の体験農園が始まった。 個人の区画での野菜作りの第1回種まきは、大根と蕪。 土日と仙台へ仕事で行くので、木曜日の午前中の講習会に参加。 しかし、その周は結構雨が多く、おまけに前夜には雪がふっていた。 農園に行くと、まだ残る雪がそこここに。 自分の区画に行き、メジャーで蕪と大根を植える畝の位置決めをする。 雨だし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more