テーマ:原発

2年目の福島

3月10日11日と福島の中通から、浜通りを訪問した。 まずは、新白河駅で降りて、車で泉崎村の直売所・カフェのこころやへ。1年ぶりくらいかなぁ。 こんなコーナーができていて、新商品の漬物が出ていた。ごぼうとショウガを買ったけど、おいしかったよ。ショウガは大きなものが厚めにスライスして入っていたので、刻んで白いご飯に乗せると、いける…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電気代、過去最小額! 契約アンペア数を変えてよかった

契約アンペアを30から20に変えて、丸々1か月分の請求が来たのは初めて。 節電しても、なかなか1800円から下がらなかったが、なんと今月は1449円! 使った電気も50kWh!! これは、節電の効果ではなく、出張の効果かも・・・ でも、だいたい同じような出張の日数で、こうまで減ることはなかったから、きっと暖房も冷房も要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気仙沼、鳴子、郡山 出張は続くよ

東北縦断出張。 まず、一関に前泊して、車で気仙沼へ。 気仙沼は本当に湾に近いところと離れたとことの様相が違う。 これは秋刀魚漁の船だね。 秋刀魚漁は気仙沼のメインの一つ。秋刀魚が水揚げされると、魚市場関係者は活気付く。 しかし、相変わらず地盤沈下しているね。 魚市場。ここも地盤沈下していた。そして、たくさんのかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土と平和の祭典へ 脱原発で盛り上がる

日曜、雨が上がって蒸し暑さが増した日比谷公園で、土と平和の祭典が行われた。 加藤登紀子や辻信一、Yaeなどの実行委員の挨拶。壇上ではなく、芝生の上で。 「未来をきちんと歩こう」「3.11以降みんな悩んできた」「確かなコミュニティ、信頼のコミュニティこそが、世界的な危機を脱すつ道がある」などと話していた。中には「東電本社がすぐ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射能除去ヒマワリと石川町のウラン鉱

6月の下旬に福島県矢吹町と泉崎村で、放射能除去の試みとして、ヒマワリの種を蒔いた。 そして、約40日、福島県の石川町に取材に出かけたので、その帰りに泉崎村の直売・カフェこころやの隣の畑のヒマワリを見に行った。 育っている。嬉しい。ジンバブウェのヒマワリも育っているみたい。環境が違いすぎるからだめかなぁと思ったけど、大丈夫な模様。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書日記「原発のウソ」 内容よりも小出助教の本がベストセラーになることに嬉しいやら悲しいやら

びっくりしたよね。 いまや引っ張りだこの小出裕章京都大学原子力研究所助教。 東京電力福島第一原発の事故があってからの、小出助教の活躍だから、小出助教が注目されるのは嬉しいが、こんな形でっというのは悲しい。 ミツバチの羽音と地球の回転の鎌仲ひとみ監督。彼女の映画が注目されるのも、多くの人が見てくれるのも嬉しいが、原発事故の前にみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電値上げ 平均1世帯1000円(16%)ってどう思う?

やぁ、びっくり。被害者賠償のために、電気料金値上げ、平均16%(約1000円)。新聞読んでいたら、飲んでいたお茶が鼻から逆流しちゃったよ。おへそでお茶沸かすではなく、お鼻でお茶こぼすですね。 安全性が全くない原発を作り、ゆる~い管理体制と、低いモラル。公共料金という名の下、独占的に事業を行ってきて、高額な役員報酬(半額で200…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

浜岡原発の停止について

浜岡原子力発電所が安全性の強化のために停止となった。菅総理が、中部電力に要請し、中部電力が了承したものだ。 まぁ、一歩前進かな。 浜岡原発は90年代から、このまま運転を続ければ東海大地震の震源地にあるから、いざと言うときに静岡はもとより名古屋と東京が放射能で遣られて、日本経済は壊滅どころか、日本の多くの部分が人が住めない土地にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書日記「チャイルド44」 原発はソ連と同じだと知る・・

2009年のこのミステリーがすごい海外編で1位になったのかな。 1933年、ソビエト連邦ウクライナのチェルヴォイ村で、兄パーヴェルと弟アンドレイは、猫を捕まえようと森の中に入るが、パーヴェルは行方不明になってしまった。その二十年後、幼児が行方不明になる事件が発生した。レオの部下フョードルの息子アルカージーも殺害される。スターリン支…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「この世界の片隅に」の舞台に

仕事で、呉の吉浦に行ってきた。 吉浦といえば、こうの史代の「この世界の片隅に」の舞台。広島から呉に嫁いだすずが暮らすのが吉浦。高台にあるすずの婚家からは、江田島の軍施設が見える。この漫画、ぜひ読んで欲しい。じっくりと心にしみる。特に、原発の問題がある今だから。被爆と被曝、字は違うがどちらも放射能によるもの。普通の人々の喜怒哀楽のある、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投票用紙引き換え票が来ない。しかも2度目

今日は統一地方選第一弾。 東京都知事選、入れたい候補者がいない。 友人は、投票所で入れる人がいない、誰の名前もかけない・・・どうしようと悩んでいたら、後ろにたくさん人が悩んで、焦った、と言う夢を見た。 私が「投票したい人がいない」と言う気持ちを反映したのか、投票用紙引換券(と言うの?)が、選挙管理委員会から送られてこなかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

農園日記 第1回講習会から挫折 寒いからね

今年の体験農園が始まった。 個人の区画での野菜作りの第1回種まきは、大根と蕪。 土日と仙台へ仕事で行くので、木曜日の午前中の講習会に参加。 しかし、その周は結構雨が多く、おまけに前夜には雪がふっていた。 農園に行くと、まだ残る雪がそこここに。 自分の区画に行き、メジャーで蕪と大根を植える畝の位置決めをする。 雨だし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書日記 「ためされた地方自治 原発の代理戦争に揺れた能登半島・珠洲市民の13年」 

 山秋真という女性が、なぜか(理由は明記されない)、能登半島の珠洲市に通い、そこで出合った地元の人たちと交流し、反原発闘争に関わりながら、原発を押し付け無制限に電力を消費する都会の人間であることのやましさを抱え、よそ者として珠洲市の反原発運動に関わることでの批判を受け自問する。  原発(国策事業)のために、大企業が下請け孫請けを使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more