テーマ:ジンバブエ

ジンバブウェのニュース 労働者が賃上げかちとる

◆120621・海外労働短信/15%の賃上げ獲得/ジンバブエの砂糖労働者  アフリカ南部のジンバブエ共和国で、砂糖製造労働者たちが15%の賃上げを勝ち取った。  IUF(国際食品労連)の6月16日付ニュースによると、労働者たちは35%の賃上げ要求を掲げて12日からストに突入。15日に労使合意に達した。  季節労働者には12%の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジンバブウェ訪問12 今度はショナ語を少し覚えてから行こう

シャシェを出て、一路ハラレへ! と言うわけではなく、ここまで来たらやはり、近くにあるグレート・ジンバブウェに行かなくちゃね。 10年前に来て、不思議な魅力を感じた場所だ。古の人がここへ、王宮を開いたのが分かる気がする。 グレートジンバブウェでは入場料を払う。いくらだったかな、忘れた。 暑くても結構観光客がいた。日曜だからかな?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジンバブウェ訪問12 快適な宿舎だったよ

5日目、とうとうシャシェからハラレへ戻る日。3泊は、かなり短かったけど、中身がぎゅっとつまっていた。 これは、マシンゴのSPARで買ったチョコレート。ジンバブウェのメーカーが作っている。味は、「頑張っているじゃん」という上目線の感想が出る感じ(苦笑)。リッチテイストじゃないけれど、これはこれでいけます。 私の泊まっていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジンバブウェ訪問11 大切に築いた関係に乗っかって楽しんだって感じ

さて、アブマルクさんの仕事が終わったので、私たちは車で近くの村長の家へ。あいにく留守。畑にもいなかった。 仕方がないので、その先にある岩の裏手にある元美しい農園へ。 行く途中でみかんの木を見る。本当にみかん? サボテンの木? 乾燥地帯に生えている種類だよね。米国の西部とかにある。 ここは元美しい農園。岩の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジンバブウェ訪問10 やっと4日目。朝日を見に行き、牛と互いにぎょっとする

やっと4日目になった。3日目は、情報量が多く写真たくさん撮ったからね。 朝、ざわざわする気配で目が覚める。車のエンジンの音、クラクション、車のわき腹を叩く音、呼び込む男性の声。「あー、昨日は来なかったコンビが、今朝は来たんだなぁ」と思う、時間にすると6時半くらいか。しばらくベッドの中にいると、窓の外が明るくなった。 「あ!」と思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジンバブウェ訪問9 働き者で勉強家、工夫している農家の仕事に感動

働き者マウェレさんの家に行く。 今年採れたピーナッツ。 殻付きのままと殻をむいたのを見せてくれた。見せてくれただけ。大切な食料を、見学に来た人には食べさせてくれない。つい、食べさせてくれるような木になるのが、私のだめなところ。 メイズ大収穫。ちなみに、収穫物を露天において置けるのは、雨が降らないから。日本のように雨が降…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジンバブウェ訪問8 篤農家でどぶろく

まだ、3日目なんだよね。この日が、一番写真を撮ったよ。 篤農家で漢方医もしているチクワラさんの家へ、歩いて移動。ネルソンさんの家から歩いてもすぐだからね。普段はこのくらい歩くし。 歩く道すがら、ネルソンさんが「全てのものを無駄なく使い、循環させることで農業の生産コストを下げることが出来るんだ」といっていました。その通り。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジンバブウェ訪問7 雑穀とヒマワリを上手く栽培

さて、3日の昼に、やっと農場へ。 訪ねたのは、AZTRECの中心人物。ネルソンさんの家。朝、牛追いをするネルソンさんと会っていたので、そのとき挨拶は済ませていたが、お宅訪問は初めて。ちなみに、彼の牛追いの鞭は皮の先に、白人がおいていった点滴のチューブをホチキス様の針金でつけてある。 自宅を訪問し、中でしばしお話。友人たちが前回訪問し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジンバブウェ訪問6 写真は一言いってから撮りましょう

3日目の午前中、まだ続く(笑い)。 マシャバから帰ると、また煮炊きをしていた。 今度はトマトを油で炒めている。そこに、とれたての卵を落とす。卵は黄身の黄色が薄い。卵の黄身の色って、えさによって変わるので、普通にそこらへんの草とか、白メイズを食べている限りには日本の卵ほど黄色くならないんだね。 AZTRECと話をしな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジンバブウェ訪問5 畑の道具に祖父を思い出す

まだ、3日目の朝の写真を紹介中。 写真撮りすぎか・・・ ここ、井戸から水をあげている。丸い桶(?)のようなところに木が渡してあって、ざるとか、いろんなものが置ける。 食器は水を流し洗いではなく、溜め洗い。水は無駄にしない。 このススキのような植物で、ハットと呼ばれる建物の屋根を葺く。上手い屋根葺き職人は、いろいろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジンバブウェ訪問4 トマトは脇芽かかず、うり科の植物がたくさん生えている

ウシは大切な財産。みんな、朝から牛追いをしている。牛追いの人がいる場合も、勝手に移動(?)しているウシもいる。ちゃんと夜は帰ってくるので、すごいよね。 ほうきが落ちていたので、掃いてもらいました。こんな感じで使っている。柄がないので、腰をかがめる姿勢。そういえばアフリカの人はよく腰を曲げていて、辛くないのかなと思う。でも、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジンバブウェ訪問3 朝のトレーニングセンター

現地3日目。目的地マシンゴ郊外の農家訪問が始まる。 宿泊したトレーニングセンターを探索。黄色い実がたくさんあっている。黄色いトマトのように見えるが、食べると肝臓にダメージを与える。しかし、エチオピアなどでは飢饉の際、空腹に耐えられなくなって食べた人がいたとか。 将来の肝臓障害より、今の空腹が大きな問題だもんね。 裏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジンバブウェ訪問2 お墓参り

ジンバブウェに着いて2日目。今日は、荷物を積み替えて、ハラレから車で5時間くらい南下したマシンゴへ移動。 首都ハラレは、白人が作った町。郊外は広い平屋の家が多く、中心部にはフラットがいくつもある。アメリカ大使館は当たり前だけど警備は厳しい。大統領官邸も。写真もだめだし、夜は通行止めになる。国会も高等裁判所も撮影ができない。マチで写…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジンバブウェ訪問1 冬なのに暑い

休みがとれたので、世紀末越えした2000年2001年以来、10年ぶりにジンバブウェに。 忙しかったので、前日の夜にやっとスーツケースをクローゼットから出す。翌日、出かけるために鍵をかけて(なかなかかからん)、持ち上げてみたら、あちこちが切れている。車輪も壊れ気味。 あやまった・・・2002年以来使っていなかったから、気づかなかった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日はジンバブエの日

私はジンバブエ(私たちの表記では、現地の言葉に近いジンバブウェとしているが)の人たちと一緒に考えながらの支援をしている団体をやっている(理事だからね)。 で、今日は、その団体DADAの会報の発送の日。 今度小学校に入学する、友人の子どもも参加。教えていると、だんだん印刷機の使い方が上手くなり、日進月歩とか、脳のシノプスという言葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムビラとジンバブウェ料理を楽しむ

ムビラは日本では親指ピアノという名前でも知られている。南部アフリカの楽器。これで伝統的な音楽を奏でる。楽譜はないが、音階がピアノのように決まっているので、耳で音を覚えられれば弾きやすいという。  なんてことをジンバブウェ人で現在日本で仕事をされているマランガさんにお話をしていただくとともに、演奏も楽しみ、さらにジンバブウェ料理も堪…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more