テーマ:3.11

福島を歩く3 富岡 3.11で時間が止まったまちへ

楢葉町の寶鏡寺の住職の「生まれ育った町を追われて・・・・・・諦めきれない。納得しない」の重い言葉を抱きながら、北上を続ける。 途中、交差点に面した駐車場で車の後部座席に新聞紙を敷いている人の姿を見る。多分、放射性物質を自宅にも力ないためだろう。でも、この新聞紙は燃えるゴミに出されるんだよね。いいのだろうか……それとも、低レベル放射性廃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島へ いわきから富岡、そして二本松、飯舘 2 寶鏡寺のご住職に聞く

ちょうどお昼時。原発か火力発電所か、はたまた除染か、そのどれかで働く人たちがお昼を買いに来ていた。 だいたい、住民は見かけない。いるのは、原発関係者かその周辺の仕事をしている人たち。 楢葉町へ入った。 避難指示解除準備区域だから、除染作業が見られる。 こちらも若い人たちがどれだけ戻るのか、戻っても仕事があるのか…… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島へ いわきから富岡、そして二本松、飯舘 1原発作業員の日給はひどい場合9割ピンハネ!

2013年12月25,26日と福島県の浜通りいわき市から北上して富岡の帰還困難地域まで行き、中通り二本松、福島、飯舘と回った。 震災後、いわきからアプローチして浜通りを北上するのは初めてのこと。案内してくれた方の的確な説明でいろいろなことがわかった。 安全神話に胡坐をかいたということは、こういうことなのだ。 そして、またぞろ原発安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more