映画日記「イースタン・プロミス」 ヴィゴの陰影ある演技で深読みしてしまうような

デヴィッド・クローネンバーグ監督とヴィゴ・モーテンセンが「ストーリー・オブ・ヴァイオレンス」に続いて組んだ映画。

 ヴィゴが出る以外ほとんど予備知識がなく観に行ったので、夜の雨降る暗い通り、「JOY Indian Cuisine」の看板が目に入り、カレー食べたいなぁと思った。
 しかし、事件はその手前の床屋で起こる。なまりのある英語と母語らしい言葉。ここで、殺人が起こる。
 場面は一転、ファーマシーになり、目の下にクマを作ったはだしの少女が店主に助けを求める。
 
 その少女が運び込まれた病院に、助産師のアンナ(ナオミ・ワッツ)が勤めていて、妊娠していた少女は赤ちゃんを残し、他界。アンナは少女の鞄に入っていた日記を元に、身元を探ろうとする。

 翌日、アンナがあるレストランの前に立つ・・・とここらへんで、 車のナンバープレートのデザインと、右側通行で舞台がイギリスであることが分かり、アンナが勤務している病院が「トラファルガーホスピタル」で、ロンドンであることが分かる。
 アンナが訪ねたレストランから、ロンドンで台頭するロシアマフィアがからんだ話と、ここら辺でやっとバックグラウンドが分かるのだな。

 アンナは、孤児となった子供のため、少女の残した日記を手がかりに彼女の身元を探ろうと、ロシア生まれの叔父に翻訳を頼んだ。だがそこには、衝撃的事実が記されていた。手がかりをたどるうちにアンナは、町で有名なマフィアのボスの息子・キリル(ヴァンサン・カッセル)の運転手・ニコライ(ヴィゴ・モーテンセン)と出会った。知らず知らずのうちに危険な場所に足を踏み入れてしまったアンナを、いつも助けてくれるニコライ。こうして、いつしかニコライとアンナの運命が絡み合っていく。 そして、恐ろしく肝が据わり、自分を律して行動するニコライの持つ秘密も明かされる。

 ヴィゴの裸も堪能できる。サウナでの全裸での殺し屋との戦い。こういうこと、なかなか日本の俳優では難しいよな。本当に、すべて見えた。全裸での闘いで、ぶらぶらするものも・・・役者って大変。

 ロンドンの寒くて、弱い光の冬、濡れた石畳、沈んだ町並み、にごった水。
 マフィアと売春とヴァイオレンス、沈んだ閉塞感のある雰囲気をうまくとらまえた映像の色合い。

 ヴィゴが演じるニコライが何を考え、何を目的に行動しているのかを彼の表情を見ながら、立ち回りを観察しながら、考えた。

 沢木耕太郎は新聞で「黒光りする」と評していた。その通りだと思う。

 ある種の人たちにはたまらない映画だと思う。
 そして、ちゃんと最後にカタルシスも、希望も用意されている。
 しかし、本当に最後のシーンにはそれ以上のニコライの持っている闇も感じさせるものがある。

 いやぁ、ずっしりとした、見ごたえのある映画だった(2時間いかないっという尺というにも冗長にならずに、観客のイマジネーションを掻き立てるのによかったかも)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック