ホンダマチコの関心事

アクセスカウンタ

zoom RSS 家族が言われても笑える?

<<   作成日時 : 2014/06/25 07:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

都議会のセクハラヤジ。自民党議員が名乗り出て謝罪。この方は、テレビ取材で否定発言をしていたけど。結婚してほしいとの思いから、セクハラヤジ発言との言い訳。直接言っても、ダメだから。

支持者の方、顔出しで「本音と建前の使い分けができない」と言っていたが、それ、ダメでしょう。その支持者(年配男性)は、本音でセクハラ容認ということでしょう。
他の方で、外面と内面の違いを指摘していたが、それは本音と建前をうまく使い分けているってこと。
どちらにしろ、この都議はアウトだ。

また、産めないのか?? ヤジ問題は発言者が名乗りです、ヤジ捏造まで言われる。
この発言自体、とても繊細なものを含んでいて、不用意にするべきことじゃないのは、容易にわかる。
まぁ、他人の気持ちを考えずに言っている人は多いが、議会の場で言うのは、都議を選んだ市民の民度が計られるから、やめてほしい。
他から見れば、不快に思っている人も十束一絡げ。

笑えたのは、他の地方議会でもセクハラヤジが止んだとか。
やめたのは、ほとぼりが覚めるのを待ってるだけだと思うけど。
日本中の議会でセクハラヤジが飛んでいることを知り、腹立たしくなった。
このレベルの人権意識なんだ。

セクハラヤジを飛ばす議員はせめて、自分の家族がそんなこと公の場で言われたらどうだろうと、考えてほしい。
不愉快だろう?

それでもニヤニヤしていられたら、人間性を疑うけど。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
家族が言われても笑える? ホンダマチコの関心事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる