ホンダマチコの関心事

アクセスカウンタ

zoom RSS 農園日記 人参とねぎ

<<   作成日時 : 2013/07/15 23:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

あぢい・・・・・・・ #ノ-_-)ノ ┴┴
しかし、すでに秋冬作の作業が畑でははじまっている。
まだ7月じゃん、と思うが、野菜によっては時間がかかるので、今からでも播種や定植が必要。

まずは人参から。
画像

春夏作で大根と蕪を育てた場所。

画像

化成肥料、鶏糞、苦土石灰を入れ鍬で耕して畝を作る。

画像

まぁ、こんな感じで畝を作る。

画像

前日雨が降ったけど、一応水をまいて畝に水分を定着させる。

画像

人参の種。セリ科。こんな薄くて小さな種から、あの立派な人参が育つって不思議。もっとも、人間の精子も、卵子も小さいのに、こんなでかい人間に育つんだから、大きくなるのはありなんだけど、やっぱり成長や、細胞分裂って神の領域の気がするよね。

画像

支柱で筋をつけて、種を置き、上から土を1センチくらいかけ、きっちりと抑える。抑えることで水分が蒸発しにくくなる。

画像

さらに如雨露1杯の水をかけ、サンサンネットを張り、日よけに寒冷紗を張って終わり。
おいしい人参ができるかなぁ。

続いてねぎの定植。3月末に種まきしたネギ、今頃苗に。大体収穫までに8か月くらいかかる。ネギって、高くてもいいくらい手間がかかる。
画像

まず、植える位置を決める。肥料をまき、耕し。

画像

2、30センチくらい掘る。そこを平らにして、幅20センチくらい。

画像

ネギの苗を取りに。他の人たちがもう定植しているので、大きな苗はなくなっている。だから、小さな苗を大きく育てる気持ちで。

画像

植える穴? 溝の全景。

画像

大体センチくらいの感覚で、溝の片側に立てるように置き、土を根元に少しかける。

画像

全部置く。これから、2週間ごとに掘り出した土を少しずつかけ、4週間に1回、化成肥料をやる。こうすることで、少しずつ白い部分が伸びていく。最後は、溝が全部埋まり、さらに盛り土をしていく。そこまでネギが育てばいいが。

画像

枝豆が終わり、かたずけた。茎を抜くと、根に根粒が。マメ科と共生関係にあり、根粒菌によってできる。これが、空気中の窒素を土中に固定する。
マメ科の植物を育てると、土壌にいいといわれるのはこの根粒菌のおかげ。レンゲソウも根粒菌と共生関係にあるので、田んぼに蓮華をはやし、田起こしの時にすき込む。
すごいなぁ。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
農園日記 人参とねぎ ホンダマチコの関心事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる