ホンダマチコの関心事

アクセスカウンタ

zoom RSS タンザニア8 海軍カレー

<<   作成日時 : 2012/09/17 15:40   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

海上自衛隊がダルエスサラームに入港した夜。練習艦かしまでレセプションが開かれていたらしい。かしまは3隻のうち、唯一お酒を積んだ船。もちろん、貸間のお酒は寄港地でのレセプション用で、一般乗組員は呑むわけにはいかず、航海中も禁酒。だから、寄港したらお酒を飲みに出かけるのが楽しみだという。まあ、船乗りさんは、昔から寄港地での酒、バクチ、女が楽しみだから。バクチと女は、禁じられていると思うけれど。

そのレセプションで、子どもたちの食事が何か話題になり、館長が関心がある人やお母さんたちも招待してくれることに。まぁ、前日にお昼を振舞う人数や対象(子どもと教師だけから大人に)が変わるのは、玄葉は大変だったと思うけれど。

このはからいに、ダルのお母さんたちと参加できる人たちは大盛り上がり。私も、お母さんでも、ダル在住日本人でもないのに、参加することに(笑い)。
前日はしまゆきを見学したが、その日はまつゆきで子どもたちが食事を呼ばれることになり、私たちもまつゆきに向かう。
前日見られなかった、減るこぷたーが、子どもたちに見せるために出ていた。尻尾が折りたたまれていて、コンパクトになる。日本生まれでアメリカ育ちのヘリコプター裸子が、特許はどっちが持っているのか分からず。
画像


子どもたちは、応接室のような、談話室のような部屋に通されて、豪華なサラダとカレー、ジュースを振舞われる。しかし、このコックは子どもの好みが分からない。みんなピーマンを残していて、後から来たお母さんたちがツマミ食い。
画像


大人は階下の乗員食堂へ。自販機に貼られているポスター。いや、館内お酒ないし(笑い)。
画像


遣いかけの調味料がかごに入っていた。新品は棚に会って、布がかかっている。「使いおわってからあけるように」という感じの注意書きあり。こういうの、すき(笑い)。
画像


麦茶が入っている。
画像


食堂全体。端に、幹部候補西洋のパソコン机があった。メールとか電話は制限されている。2チャンネルなどの書き込みを気にして、自衛隊員からの情報発信は極力しないようにしているとか。
画像


プレートにご飯を盛る。ご飯はもちろん、日本から運んできた。おいしい日本米に、日本人のお母さんたち、ついつい盛りが多くなってしまう?
画像


回教徒が多い国なので、一応海鮮を使ったカレーとかにクリームコロッケと、気を使っている。私には、ちょうどいいカレー。でも、一晩置いたようにこくがあって、濃かった。1枚のプレートに今日はどこに何を盛るか、見本が配膳カウンターに置かれていた。毎回、見本が置かれるという。
ちなみに、私たちよりも先に乗組員は食事を済ませていた。メニューは散らし寿司とうどん。寄港中は港の水が汚いので、海水を真水に換える装置が使えずに、水の消費を抑えなくてはいけないらしい。なんか、寄港したら水を積み込んで、水を一時的に豊かに使えるんだと思ったら、逆らしい。フル稼働で24時間で24トンの海水を真水に変えられる機械がつんであるという。。
画像


厨房スタッフ。まつゆきの料理長はおいしいと評判らしい。腕のよい料理長は他の感に引き抜かれることもあるとか。もちろん、全員が自衛隊員で、自衛隊に入ってから調理を選んで学んだらしい。有事の際には、戦う。
画像


食事が終わり、子どもたちを追って説明されの旅に。そばにいた隊員に聞いたところ、2回目の航海で、寄港してよかったのは、トルコの港。近くに欧州の人がバカンスに来るビーチがあり、そこはヌーディストビーチらしく、艦内で話題になったらしい。
ヘリコプターの説明を受けているが、子どもたちよりも大人の方が好き勝手に質問をする。
画像


蛇輪をまわすな!の注意書きを見ると、自分のようについ回してしまう隊員がいるのではないかと想像し、シンパシーを感じる。
画像


運転状況表示盤。停泊中だから、もちろん停止。こういうアナログは、電気も消費せず、いいなぁと思う。
画像


ここでは艦長の椅子に座わる。椅子にあるクッションの色は、艦長の位によるという。

艦長が使うトイレ。水は管の右側についているハンドルを回す。海水が流れるのだな。
画像


シャワーは体を洗うときは海水で、最後の仕上げに真水を使う。選択は8日くらいに1回で、3人グループで一緒に洗濯機を回す。200人くらい乗っているから仕方がない。3段ベッド(新しい艦は2段ベッドだとか)が入っている、居室や機械室(!)などに干す。外に干した胃が、潮風でバリバリになるし、第一飛ばされたら大変だからね。なんか、生乾きってイメージが。

子どもたちは日本から積み込んできた御菓子の詰め合わせ(賞味期限が過ぎていたが、その説明が丁寧にあり、高感度アップ)をもらい、見送りをしてもらった。
画像


練習航海でのんびりしているが、ダル前の寄港地ジプチでは海賊などがいるので、外出も同じ港(基地)内の、米軍のとこに買い物に行くくらいだったとか。今回は、ザンジバル島、サファリ、あと1カ所のエクスカーションがあり、自腹で参加できる。でも、多くの隊員は経済的な理由と、当直などの関係で、グループになっておいしいご飯とお酒が呑める店と、お土産物屋さんに行くくらいの、市内観光。

案内してくれた方に聞いた、一番エマージェンシーが高かったのは、テポドンが発射された時で2ヶ月くらい日本海に浮いていたそうだ。物資はあったが、人間は交代だったらしい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【国際】ザンジバルでボランティアをしてた英国人女性、酸浴びせられ負傷 タンザニア
タンザニア・ザンジバル(CNN) アフリカ東部タンザニアのザンジバルでボランティアをしていた英国人の若い女性2人が、バイクに乗った男2人に酸を浴びせられて負傷した。警察が8日に明らかにした。関... ...続きを見る
【2chまとめ】ニュース速報+
2013/08/11 02:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
タンザニア8 海軍カレー ホンダマチコの関心事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる