ホンダマチコの関心事

アクセスカウンタ

zoom RSS タンザニア4 ピラウ作り

<<   作成日時 : 2012/09/03 22:49   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

3日目。今日は朝から、在タンザニア日本婦人会バオバブの会の総会に。ゲストは私ともう1人。80過ぎの女性で、暑い日本を逃げ出して、タンザニアで3ヶ月の避暑。家族がタンザニアにいて、自分が健康で、交通費が出せるなら最高の避暑だね。本人は、1人での2日間の飛行機の旅も楽しく過ごすことができたという。

総会は日本語補習校の教室を借りて。
なので、補習校の校歌を。
画像


教室に付き物の人体模型。ちょっと古い感じがする。
画像


せっかくなのでばらばらに。内臓をはずすと、その向こうにも器官が・・・
画像


総会では自己紹介で、いろいろな話が聞けた(どんなサークルやっているのかとか)。みんなでとにかく滞在中は楽しく過ごそうという感じが出ていた。そして、翌週の夏祭りに踊る、東京音頭とドラえもん音頭の練習。私も混ざる。もう二度と踊ることもないと思っていたドラえもん音頭を意外と早く踊るとは、このときはまだ知らなかった(笑い)。
そして、メンバーが作ったバッグ。これは地元で売っている布で、お裁縫が趣味の人たちが作ったもの。売上はチャリティに。
画像

岡持ちのように使えるバッグ。なかなか、面白い。

総会後、1人の人の家に行き、タンザニアピラウの作り方を学ぶ。
まずはピラウソース作り。5人分。普通は肉を入れるが、私がいるので、肉なしピラウにしてもらう。
画像

なべに、結構多めに油を入れる。ここで使ったのはコットンシードオイル。

紫玉ネギを1個、揚げるかのように炒める。
画像


そこに赤ピーマン(細切り)、ニンジン(すりおろしかみじん切り)を1個ずつ入れる。そのまま炒める。
画像


皮と種をとってざく切りにしたトマト4個を入れ、一緒に炒める。面相臭い場合は、きってあるトマト缶を使うとよい。そして、レモン汁と塩少々、水200CCを入れて煮込む。肉を入れるなら、野菜を炒めている時かな?まぁ、味は自分のお好みで、調えてね。
画像

トマトをつぶすように、しゃもじでかき混ぜながら煮込む。まぁ、いい感じで煮えたかなと思ったらOK。

続いてピラウ作り。
米4カップ(4合)とジャガイモ半分に切ったのを5個(1人、1個)用意しておく。米はインディカ米がいいが、ジャポニカ米でもOK。
画像


油を鍋に入れて(結構大目)、紫たまねぎ(4個)とジャガイモ2個(半分に切る)を入れて、揚げるように炒める。
画像


炒めながら、ピラウスパイスを大さじ1.5くらい(この場合、もっと入れたかな)を入れる。
画像


お勧めのピラウスパイス。
画像


本当によく炒める。
画像


米を入れて炒める。米と油、玉ネギ、スパイスなどがなじんだかなと思うまで炒めて、塩小さじ1、熱湯600CCを入れて、強火で炊く。焦げないようにかき混ぜる。
画像


出来上がり。おいしそう!空腹だったから余計。
画像


付け合せのサラダと、生唐辛子をオリーブオイルで炒めたぴりぴり。
画像


きれいに盛り付けるとこんな感じ。
画像


いただきます。油を結構使っているのに、油っぽくなく食べやすい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ぽっこりお腹」は肥満よりも死亡の原因
ある研究が、腹部の脂肪は他部の脂肪より危険だと12,784人のアメリカ人の健康を14年にわたり分析し、「体重は普通だけれどぽっこりお腹」のグループは、腹部の脂肪が過多ではない人々に比べ、2.1倍死亡リスクがあった。常に大食いせず、野菜を多めにとる事が肝心らしい。 ...続きを見る
脳挫傷による見えない障害と闘いながら
2012/09/19 13:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
タンザニア4 ピラウ作り ホンダマチコの関心事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる