ホンダマチコの関心事

アクセスカウンタ

zoom RSS 読書日記 「旅をしながら」 平和構築を考える

<<   作成日時 : 2012/06/21 23:31   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

友人のみなみななみちゃんの新刊「旅をしながら」。
昨年、「ルワンダに行くんだ」と聞いて、「一緒に連れて行ってくれ」と思ったものだ。
時間があれば、絶対くっついていったんだけど。
ルワンダ、行ってみたいよね。何故って、私が一番最初に覚えた国の名前は「ベルギー領コンゴ」、今の、コンゴ民主共和国だから。ここの首都はキンシャサだから、昔のザイールだね。
ルワンダとはお隣さんだし。
1994年にルワンダで大虐殺が起きたときに、自分がなにもできない歯がゆさも感じたし、その後の平和構築、和解に向けての人々の取り組みに関心があったからね。

ということで、この本はななみちゃんが、日本国際飢餓対策機構(JIFH)の研修でルワンダに行ってキリスト教徒の方々が平和構築のための活動に触れてきた報告が主だけど、それ以外にも、ゴスペルシンガーの2人が経験したエチオピアやカンボジアでの人々の優しさや許し、教育の大切さ、どうすれば人々は仲良く平和に暮らせるかのシリアスな取り組みなどを漫画とエッセイで紹介している。

JIFHからルワンダに派遣されている佐々木さんの平和学の話が大変興味深く、もっと詳しく聞いてみたいと思った。

国際協力や平和学、平和構築に関心がある人の入門書的な感じかな。
漫画で書かれている分、隣の人に家族を殺され、自分が許さなければいけない人の苦悩や、逆に許しをこう人の様子が、重くなりすぎずに理解できる。関心を持ったら、さらに学ぼうと深いところに分け入ればいいんじゃないかな。

東北の被災地で活動する被災地以外から来た人たちが、自分は被災地復興に役に立っているのか、いつもいつも考えている。自信がなくなるときもあるし、逆に地域の人たちの様々な言葉から自分の役割を再確認させられたりするという。
ゴスペルシンガーの森さんの被災地での経験も描かれているので、そんなことを思い出した。

悩み、迷い、励まされ、感動しながら、人は一歩一歩自分の道をつくっていけばいいんだなぁ。





 

旅をしながら
いのちのことば社
みなみななみ
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 旅をしながら の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
読書日記 「旅をしながら」 平和構築を考える ホンダマチコの関心事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる